話題

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/06(金) 09:56:52.11
    ノーベル文学賞の授賞が決まったカズオ・イシグロさんの邦訳本を日本国内で独占的に出版している早川書房(東京)では5日夜、決定直後から書店からの注文の電話が殺到し、社員らは対応に追われた。
    受賞者の事前予想でも上位に上がっておらず、予想外の朗報に同社の早川浩社長(75)は「大吉報だ」と喜びの声を上げた。


    nobel_medal-min
    【【ノーベル文学賞】イシグロ作品の注文が書店から殺到、版元の早川書房は大歓喜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/06/22(木) 14:02:22.71
    集まった人たちが一礼するだけで終わる、「日本一短い」ともいわれる祭が岡谷市で行われました。

    岡谷市の旧中山道の塩尻峠には明治13年6月に明治天皇が訪れたことを記念して大正5年に建てられた石碑があります。
    これを記念して行われる「塩嶺御野立記念祭」は、日本一短い祭りとも言われ、地元で100年以上続いています。
    22日は梅雨の晴れ間の下で祭りが行われ、石碑の前には岡谷市と塩尻市の関係者およそ150人が集まりました。
    午前10時に、司会者から「一堂、礼」と声がかかると、集まった人たちは石碑に向かって一斉に頭を下げました。
    そして、およそ20秒後、「お直り下さい」の合図で、祭りは終わりました。
    塩尻市から参加した60代の女性は「毎年参加しています。とても身の引き締まる思いで一礼させていただいています」と話していました。


    【日本一短い祭り 始まって20秒で終了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/06/24(土) 23:50:41.71
    女性が「女性専用車両」について思うこと

    女性にとって女性専用車両は「これほど居心地のいい場所はあるのか」というくらい極楽です。

    初めて乗ったとき、もう夢の国に来たかと思いました。いっぱい人が乗ってるのに、なんかいいにおいがするんです。
    大股広げたり脚を投げ出して座っている迷惑な人は一人もいないし、心臓が飛び出るかと思うような大声でくしゃみをする人もいない。
    座席はゆったり目で隣の人との間には隙間すらあります。

    なにより嬉しいのは、痴漢という極悪人がいないことです。
    女に生まれたら、残念ながら1度や2度や100度は、痴漢やセクハラの経験があるでしょう。
    心底不快な経験です。和久井はおかげでちょっと男嫌いです。

    だけど女性専用車両には、その極悪人が可能性からしていないんです。
    かばんやらなにやらがお尻に当たっても、人を疑わなくていいんです。
    心の底から安心感があります。例えるなら、エルフがフワフワ飛んでるお花畑です。
    もう、鬱陶しいラッシュにもかかわらず経験したことのない居心地の良さ。
    思わず脳みそにパアっと薔薇の花が咲いてしまいました。

    たまに、女性専用車両に間違えて乗り込んじゃう男性がいますね。
    女たちの冷ややかな視線が辛いという話を聞きます。そりゃそうです。

    女性専用車両に男性が乗り込んでくるっていうのは、エルフの幸せな国に、
    武器を持った怪物が乗り込んでくるようなものです。
    「まあ! 恐ろしい……。お花が踏み荒らされてしまうわ」って感じ。
    ただ乗り間違えてしまっただけだとしても、極悪人“かもしれない”と警戒しなくてはならない対象ができてしまったのですから。

    http://getnavi.jp/life/148436/

    【女性「女性専用車両はエルフのお花畑、そこに乗り込んでくる男は怪物」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/06/17(土) 09:48:18.67
    田村市は16日、市船引清掃センターで多額の現金が発見され、
    このうち約1000万円を作業員が持ち去った疑いがあると発表した。
    田村署は盗みの疑いで作業員の男2人を書類送検する方針。

    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170617-181023.php

    【清掃員3人がゴミの中から多額の現金発見、1人は届け出るも2人は持ち去る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/06/16(金) 12:36:12.38
    滋賀県米原市の伊吹山で「イヌワシ」が子供のシカを捕獲して飛ぶ姿を愛好家が撮影した。
    イヌワシは野ウサギを餌にするケースが多いが、子鹿を捕らえる姿は珍しいという。

    no title


    http://www.sankei.com/west/news/170616/wst1706160017-n1.html

    【子鹿を捕えて飛ぶイヌワシ、伊吹山でカメラマンが撮影】の続きを読む

    このページのトップヘ