1: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:08:40.97
日清紡ホールディングスは白金を使わない燃料電池用の触媒の実用化に世界ではじめて成功した。価格の高い白金の代わりに炭素を使うことで材料コストを数千分の1程度に減らすことができる。燃料電池車は電池価格の高さがネックだった。新材料の開発で、電気自動車に比べ遅れていた燃料電池車の普及に弾みがつく可能性がある。


hdr_logo
3: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:09:38.84
まじですか

5: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:09:59.21
問題は水素の方だろw

13: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:11:08.58
性能は?性能はどうなんだ?

58: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:31:19.24
>>13
新車性能は落ちても
安くなれば定期交換で性能を維持できて
長い目で見ると高性能

なんて可能性もあるかもね

14: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:12:16.74
最近あのCM見なくて寂しい

16: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:12:51.63
未来きたな

17: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:13:42.25
材料費数千分の一って白金のインゴットと炭素棒を比較してないか?
もしそんなに楽に加工できるもので実現したならとんでもないニュースだぞ?

22: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:15:11.47
燃料電池に占める白金のコストがいくらだったのか気になる

27: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:15:55.91
>>22
記事の続きに40万円って書いてある

37: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:19:57.92
プラチナレス来たのか。
まぁでも一番の問題はタンクだけどな

48: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:22:41.57
材料コストと製造コストは別やから材料コストが数千分の一でも製品としてのコストはそこまで下がらんのよな
材料費の殆どが白金だったってだけで
まぁそれを節減出来るってのは素晴らしいことだけど

66: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:36:36.81
>>48
いや将来性を考えるとでかすぎる話
今は生産台数が少ないから良いが
何十万円分も白金使う製品を何百万台と生産するようになれば白金高騰は目に見えていた

世界年間産出量が200トンなので1台100gだと200万台分しかない
もちろんリサイクルはするが

51: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:25:12.18
白金を使わずにコストを下げられるのは素晴らしいんだが、インフラ整備が進まないことにはなあ

70: 名無しさん 2017/09/13(水) 13:37:26.14
でも世界はEVに向けて加速してるからな。
なかなか厳しいかな。

引用元: http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505275720/